SHEEサプリメントとスカルプエッセンスを検証!
ビュリクシールやピディオキシジルの効果とは

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール

 

紳士の皆さん、頭皮の調子はいかがでしょうか?

 

「人はハゲ故に悩まねばならぬ!人はハゲ故に苦しまねばならぬ!」

 

そんな嘆きが聞こえてきそうな季節の変わり目、
藁にもすがりたい、藁より脆い我の髪。

 

頭髪の寿命を少しでも伸ばすための育毛剤や育毛サプリは数多く発売されていますが、どれが本当に効果があるのか素人にはわかりづらいもの。

 

そんな中で、今回紹介したいのが『SHEE』という後発ブランドのサプリメントとスカルプエッセンスです。

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール

育毛はサプリがおすすめ?

私個人の体験談として、ハゲ対策には「育毛剤」よりも「サプリ」の方が効いたという実感があります。

 

もちろん育毛剤も効かないとは言いませんが、やはり体の中の栄養が一番大事だと感じています。

 

これは私の周りの髪の専門家にも聞いた話しです。

 

筆者の同級生の美容師談

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
頭皮に関しては、毛穴が汚れで詰まっていないことが一番大事。
育毛剤なんてどうせ毛根までは浸透しないから、清潔にしてればそれで十分。
栄養の方が大事だね。

 

あと、何より大事なのは本格的にハゲる前に予防すること。
毛母細胞が死んでしまったら、何をしてもどうにもならない。

行きつけのマッサージ屋のエステティシャン談

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
抜け毛の原因は頭皮が固まって血流が減っていることが第一
つむじ付近は人体で最も血流が悪いので、新鮮な栄養や酸素が足りなくなって毛が育たない
マッサージなどで血流が良くなれば、自然と栄養も運ばれてきて髪も育ちますよ。

 

二人の言っていることが本当かどうか、科学的に根拠のあることなのかどうかはわかりませんが、言うとおりにしていたら私は髪が増えました。
もちろん効果には個人差があるものと思いますが、とにかく私は生えました。

 

いちおう、筋の通った理屈だとも思います。

 

そういう訳で、筆者は抜け毛対策としてはまず「サプリ」をはじめとした栄養補給を推奨しています。
その上で、頭皮環境を改善するための「育毛剤」も使用すれば効果が高いだろうと思います。

 

そこで、現在注目されている新成分を配合した『SHEE』のサプリとスカルプエッセンスです。

 

私自身も、この商品について納得行くまで調べた結果、なかなか良さそうだと思い、購入して使っています。
結果、髪の調子はかなり良いですね。

 

この『SHEE』シリーズについて、詳しくご紹介したいと思います!!

 

SHEEサプリメントはこちら SHEEスカルプエッセンスはこちら



専門機関の声から生まれた信頼のサプリメント

 

専門機関の声から生まれた信頼のスカルプエッセンス

※このサイトは育毛剤の販売会社が運営しているものではなく、筆者個人のHPですが、不特定多数に公開されているメディアであることには変わりません。
そのため、2017年に改正された薬機法および景品表示法などに基づき「ビフォーアフター写真の掲載は出来ません」
インターネットを見渡せば、相変わらずビフォーアフターを堂々と公開しているサイトもありますが、正直アウトです。
近い内に一斉摘発があるかも知れません。

SHEEサプリメントについて

まず『SHEE』シリーズを開発した株式会社PBJグループについて

会社名 株式会社PBJグループ
設立年 2012年
資本金 3,000,000円
所在地 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-3-13 山燃ビル6F

インターネットでの通販や広告事業を展開していた会社のようです。
最近はこういった会社が健康食品などの分野に参戦してくることも多いですね。

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
この『SHEEサプリメント』ですが、最大の目玉はイタリア発の最新素材「ビュリクシール」をMAX量配合しているという事です。

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
ビュリクシールとは、スイスのプリンシピウム社がイタリア工場で新開発した素材で、ヒト試験により、男性・女性ともに髪の毛への有効性が示されています。

 

この試験の詳細については↓のPDFを参照してください。
https://h-aga.com/bc/bcjapan.pdf

 

ビュリクシールの重要なポイントは以下の3つ

  • (1)男女ともに有効
  • (2)医薬品フィナステリドと同等の効果を持つ
  • (3)食品素材のみで構成された安全性が高く長期摂取が可能

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール

 

薄毛治療薬として有名な「フィナステリド」と同等の発毛効果が確認されたという事で、世界的に注目を集めた素材です。
ビュリクシールの原料はノコギリヤシ油、ボラージ油、亜麻仁油、小麦胚芽油、松樹皮エキス、ライ麦エキスを独自のバランスで組み合わせたもので、天然オイルのみを使用した安全な素材。
ヒト臨床試験においても、市場調査においても副作用の報告はありません。

 

日本でこのビュリクシールを配合したサプリメントは『SHEE』がはじめてです。

 

ビュリクシールは2017年に日本で原料供給が始まった素材ですので、まだまだ広まっていないんですね。
健康産業新聞でも掲載されていました。
↓↓↓
ウィルファーム ノコギリヤシ等のプレミックス原料を上市

 

SHEEサプリメント「ビュリクシール」の育毛作用の原理

SHEEサプリメントが抜け毛を予防し育毛を促進する具体的な作用について、簡単に解説します。

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
SHEEサプリメントの主成分であるビュリクシールの効果は、一言で言うと
5αリダクターゼの作用を阻害すること
です。

 

育毛に関して知識のある方なら、これでもう伝わると思いますが、一応解説します。
男性型脱毛症(AGA)の最も大きな原因となるのは、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」です。

 

このジヒドロテストステロンは、男性ホルモンである「テストステロン」が体内酵素5αリダクターゼの働きによって変化して生まれます。

 

よく「男性ホルモンが多いとハゲる」と言いますが、これは正確ではありません。
正確には「5αリダクターゼが多いとハゲる」のです。

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
テストステロンではハゲません。
テストステロンが5αリダクターゼの働きによってジヒドロテストステロンに変化することでハゲるのです。

 

この5αリダクターゼの量は人によって個人差があり、これがハゲ体質の差であると考えられています。

 

5αリダクターゼの阻害薬であるフィナステリド
市販の育毛剤の成分としてよく聞かれる「亜鉛」「ノコギリヤシ」などは、全て5αリダクターゼの働きを阻害する効果を期待されています。

 

そして、ビュリクシールは臨床試験の結果「医薬品であるフィナステリドと同等の5αリダクターゼ阻害作用を発揮した」ということ。
しかも、天然オイルで作られた安全な素材ということで、世界的に大注目されているんです。

SHEEサプリメントは「Tie2」を活性化

SHEEサプリメントには、5αリダクターゼを阻害するビュリクシールの他にも、もう一つの主成分があります。

 

それが「ヒハツエキス」
SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
ヒハツから抽出されたエキスには、体内の「Tie2(タイツー)」を増加させる作用があります。

 

Tie2は毛細血管やリンパ管の”壁”の部分の健康を保つのに欠かせないタンパク質の一種。

 

様々な研究によって、このTie2を増やすことで毛細血管やリンパ管の働きが良くなることがわかっています。
それによって頭皮の皮膚細胞や毛母細胞にも酸素や栄養素がどんどん供給され、老廃物が回収されていくことで脱毛も改善されることが期待されます。

 

天下の化粧品メーカー資生堂も、この「Tie2」の補給がアラフィフ以降の美容に欠かせないものだという調査結果を発表しています。
↓↓↓
https://www.shiseidogroup.jp/releimg/1693-j.pdf
Tie2を増やすことで、脱毛の予防だけでなく、全身の血管年齢の若返りにも効果が高いことがわかっています。

 

育毛剤の成分として亜鉛やノコギリヤシと同じく有名なのが「シトルリン」「アルギニン」などの成分。
これらの成分は「血管を拡張して血流を良くする」効果が認められているものです。

 

どんなに髪のために栄養を摂っても、それが髪に届かなければ意味がありません。
特に頭皮は紫外線や乾燥などによって凝り固まりやすく、血行が悪くなりやすい部位。

 

血管を拡張し、血管の健康を保つことで、髪にしっかり栄養が届くようにするという事ですね。

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
・ハゲホルモンの発生を防ぐビュリクシール

 

・血管の健康を保つヒハツエキス

 

SHEEサプリメントは、この2つのアプローチで薄毛の原因に根本からアプローチするサプリです。

 

市販の育毛サプリの成分を見ても、この2つのどちらかだけのサプリはたくさんありますが、2つのアプローチを同時に配合したものというのは多くありません。
特に、世界的に注目があつまっているビュリクシール
それから、美容業界で新発見されたヒハツエキス

 

この2つの新しい成分を使っているため、その効果も世界レベル!?で期待できそうですね。

 

SHEEスカルプエッセンスについて

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
『SHEE』シリーズはサプリメントだけではありません。
育毛剤の定番・頭皮に直接塗り込みスカルプエッセンスも発売されています。

 

このスカルプエッセンスについても、成分を見てみましょう。

 

ミノキシジルより安全?ピディオキシジル

最近、育毛剤の成分として「ミノキシジル」という名前をよく聞きます。

 

元々は1960年代にアメリカのアップジョン社(現在のジョンソン・エンド・ジョンソン)が「血管を拡張する高血圧治療の薬」として開発したものです。
血管を拡張する事で頭皮にも血流が増えるわけですが、その他にもミノキシジルは毛包や毛乳頭にアプローチして高い発毛効果を示すことが発見され、育毛剤成分として世界中に広まりました。

 

しかし、内服薬としてのミノキシジルは副作用(心臓への負担)が大きかったため、頭皮に直接つける育毛剤としての利用が主流となっています。

 

長らくの間、日本でミノキシジルを配合した育毛剤は大正製薬の「リアップ」だけであったため、リアップのCMでも水谷豊が「発毛効果が認められているのはリアップだけ!」と誇らしげに謳っていましたよね。

 

それが2018年になって、スカルプDを大ヒットさせた育毛界の巨人「アンファー」が、ミノキシジル配合の育毛剤「メディカルミノキ5」を発売し、草なぎ剛と香取慎吾のCMを大々的に行ったことから、ミノキシジルの知名度が一気にあがりました。

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール

ピディオキシジルはミノキシジルより副作用が少ない

そんな育毛成分ミノキシジルですが、頭皮につける育毛剤としてもやはり副作用は報告されています。
大正製薬のHPによると、ミノキシジル育毛剤の副作用は頭皮のかゆみ・炎症です。

 

また、ミノキシジルは頭皮から浸透して体内に入ると、女性の母乳にも含まれてしまうため、妊娠中、授乳中のミノキシジル使用は禁忌とされています。

 

高血圧・低血圧・なんらかのアレルギー性で治療を受けた経験のある方も、ミノキシジル使用には主治医との相談が推奨されています。

 

何かと心配事の多いミノキシジルに対して、ミノキシジルを改良して副作用のリスクを軽減したのが「ピディオキシジル」です。

 

ピディオキシジルはミノキシジルと非常に構造が似ており、同じような効果を発揮しますが、副作用のリスクは少ないとされています。

 

また、Wikipediaによるとミノキシジルは薄毛治療薬「フィナステリド」との併用で相乗効果を発揮することが確認されています。

 

SHEEシリーズのサプリメントには、フィナステリドと同等の効果が認められたビュリクシールが、SHEEのスカルプエッセンスにはミノキシジルと同等の効果を持つピディオキシジルが配合されているため、この2つを併用することで、さらなる育毛効果が期待できそうですね。

SHEEスカルプエッセンスは成長因子で頭皮を育てる

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
SHEEスカルプエッセンスのもう一つの主成分が「KGF,FGF,EGF」などの、成長因子です。

 

成長因子とは、細胞の分裂・成長を促す因子のこと。
特に上皮成長因子である「EGF」は、その発見によってノーベル賞を受賞した成分として知られています。

 

EGFやKGFは、育毛剤と言うより化粧品の分野で広く活用されており、これらの成長因子を肌に与えることで、肌細胞の増殖が促され、新陳代謝によって若くみずみずしい肌へ生まれ変われるというもの。

 

当然、頭皮も肌の一種ですし、髪が生えている頭皮の健康がなければ育毛もありえません。

 

ちなみに、頭皮にEGFやKGFなどの成長因子を注入する治療は、抜け毛専門のAGAクリニックでも行われています。
いわゆる「メソセラピー」ですね。

 

SHEEスカルプエッセンスは、育毛剤としては珍しく、これらの成長因子を配合。
さらに、美意識の高い女性なら知らない人はいない「馬プラセンタ」を配合しています。

 

「プラセンタ」とは、胎盤という意味で、動物の胎盤から抽出された成分のこと。
古くはクレオパトラも馬の胎盤を食べていたと言われ、生命のゆりかごとなる胎盤の栄養効果は人知を超えた領域にあります。

 

プラセンタ美容液は肌細胞の増殖を促し、健康な肌を保つ効果が高いことが知られています。
成長因子やプラセンタによって、頭皮の健康を保つのがSHEEスカルプエッセンスの効果。

これによってSHEEサプリメントで摂取した栄養も、効率よく髪に届けられるはずです!

 

SHEEサプリメントとスカルプエッセンス
どっちを優先すべき?

SHEEシリーズのサプリメントとスカルプエッセンスについて解説してきました。

 

この2つは併用することによって相乗効果を発揮するものであることが理解頂けたかと思います。

 

しかし、どちらもお値段は9000円以上と、なかなかの値段設定です。
(サプリメントとスカルプエッセンスセットの値段で考えれば、類似品と同等だと思います)

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール
両方併用は難しい!どちらか一つにしたい!

 

ということであれば、筆者としては「SHEEサプリメント」の方をオススメします。

 

その理由は冒頭でも既に述べたとおり、抜け毛予防には「口から摂る栄養」の方が重要であると考えているからです。

 

頭皮については、毎日しっかりシャンプーして清潔にしてればとりあえずOKではないかと。
もしご自分で「頭皮が固い」などの自覚がある場合は、スカルプエッセンスも追加して毎日マッサージなどをしてあげれば、改善していくと思われます。

 

抜け毛は、何よりも予防が大事。
本格的にハゲてしまっては、もう手遅れです。

 

SHEE,サプリメント,スカルプエッセンス,ビュリクシール

 

今ある毛を育てること。
瀕死(まだ死んでいない)毛母細胞を活性化すること。

 

この2つのアプローチによってハゲ予防を目指す『SHEE』シリーズのサプリメントとスカルプエッセンスは、成分から見ても注目に値する、おすすめできる育毛だと思いますよ♪
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

SHEEサプリメントはこちら SHEEスカルプエッセンスはこちら



専門機関の声から生まれた信頼のサプリメント

 

専門機関の声から生まれた信頼のスカルプエッセンス